買いたい

ご購入までの流れ

1.ご購入のご相談・ご資金計画

・購入物件価格、地域、駅からの距離、広さや間取り、環境や利便性といった希望条件、又、種別(一戸建・マンション・土地)をお伝えください。
・不動産購入には、物件の価格に加えて、諸経費、税金等さまざまな諸費用が必要になります。
自己資金の額や住宅ローンの借入可能額などを確認して、全体の予算目安を立てます。

2.情報収集・物件見学

・インターネットや新聞折込みチラシ、不動産会社からの紹介などから、物件情報を多く集め、希望条件に合う物件を探します。
・「実物を見てみたい」「もっと詳しく知りたい」と思える物件が見つかったら、実際に現地見学をし、再度、周辺環境や間取り、設備、購入条件等を確認します。いろいろな物件を見て、本当に納得できる物件を選びましょう。

3.購入申込み・売買契約

・購入の意思が固まったら不動産会社を通して売主様へ購入の申込みをします。諸条件がまとまれば重要事項説明を経てご契約となります。

4.ローン申し込み・ローン契約

・住宅ローンを利用する場合、売買契約が成立したら、住宅ローンの申込みを正式に行います。その後、金融機関による本審査を経て承認されれば、金融機関と正式なローン契約(金銭消費貸借契約)を結びます。

5.残代金決済・お引渡し

・引越しの準備が整ったら、残りの代金を支払います。それと同時に、売主様から物件の引渡しを受けて、司法書士によって不動産の所有権移転登記手続きを行います。

6.ご入居準備・お引越し

・物件によってはリフォームが必要な場合があります。売主様から物件の引渡しを受ければ、リフォーム工事が可能となります。
・お引越し前後は、電気・ガス・水道等の移転手続きをはじめ、役所や学校などへの届出、金融機関・保険会社への住所変更等様々な手続きが必要となります。

不動産購入時にかかる諸費用

(1)登記費用…
不動産登記(土地建物所有権の移転登記)、抵当権設定登記の際に必要な登録免許税、登記を行う司法書士の報酬など。

(2)仲介手数料…
・0円~200万円の売買では、物件価格の5%+消費税
・200万円~400万円の売買では、物件価格の4%+20,000円+消費税
・400万円を超える売買では、 物件価格の3%+60,000円+消費税

(3)印紙代…
売買契約書やローン契約書(金銭消費貸借契約書)に貼付する印紙代金

(4)書類取得費用…
証明書などを役所で取得するときの発行手数料

(5)ローン借入費用…
事務手数料、保証料、火災保険料、団体信用生命保険料など。
費用の内容や金額は、ローンの種類や金融機関によって異なります。

(6)税金などの清算金…
毎年かかる固定資産税や都市計画税について、日割りした金額を売主に支払います。

(7)不動産取得税…愛知県ホームページ
不動産(土地・家屋)を取得した時にかかる税金です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文