住宅ローン減税による最大控除額はいくら?

10年間で最大500万円まで毎年所得税の一部が控除される優遇制度です。

不動産 ブログ用

住宅購入の際に、最も頭を悩ませる住宅ローン。毎月のローン返済は直接家計に響きます。そこで、国が住宅所得者への負担を軽減するために始めた政策が「住宅ローン減税制度」です。住宅ローン減税制度とは、毎年末の住宅ローン残高または、住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間にわたり、所得税の額から控除される制度です。住宅ローン減税制度は平成26年4月の消費税増額に伴い、大幅に拡充されました。これまで10年間の最大控除額は200万円でしたが、400万円まで引き上げられています。長期優良住宅や低炭素住宅の場合は最大500万円までとなっているので、新しく家を購入する際にはこうしたことも考慮しておくといいでしょう。さらに、消費税増税による負担を緩和する「すまい給付金」も賢く利用したいもの。住宅取得者の年収に応じて現金を給付する制度で、収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円が給付されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です