金利が1%違うと支払額はいくら変わるの?

3,000万円の借入の場合 1%で数百万円の差
低金利の今は住宅購入の絶好のチャンス!

金利支払い 1%の違い

現在、住宅ローン金利は過去最低の水準で推移しており、住宅金融支援機構の長期固定型住宅ローン「フラット35」では、平成27年2月に最低金利1.37%を記録。やや、上昇してはいますが、これから住宅購入を考える方には追い風が吹いています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です