土地活用ビフォーアフター

結果的に地域貢献にもなった相続物件

碧南市在住の方からの売却相談でした。この案件も相続物件でした。登記面積271㎡(約82坪)、東道路・道路幅員1.82m(一間道路)に接道。なかなか、売却しにくい案件でしたが程無く、投資用案件で売却できました。ただ、実測売買契約後、測量後に判明したのですが公簿面積と実測面積との+差異が約58㎡(約17坪)もありました。所謂、「縄伸び」と言われるものです。昔は縄を使って測量していたみたいですね。かつて検地の際、年貢の負担を軽減するため、実際よりも長めに目盛りをうった縄を使って、わざと地積を小さめにしたようです。

取引完了後、急遽、この地域一帯が組合施行による「豊川宿伊奈土地区画整理事業」

http://www.city.toyokawa.lg.jp/shisei/toshikaihatsu/kukakuseiri/kukakuseiri20191025.html

として決定されました。元々、水面下でそのような計画があったんしょうね。結果、地域にも貢献することができました。現在は造成工事中で立入出来ません。数年後には、道路・公園等が整備され、住みよい区画整理された住宅地として生まれ変わる事だと思います。楽しみですね。ありがとうございました。

TOP
Fudousan Plugin Ver.5.8.0